カテゴリー: ジグソーパズル, 商品紹介

学習できる教育的ジグソーパズル

子どもの頃、または親としてお子さんへ、祖父母としてお孫さんへのプレゼント、と親しまれた大人気の図鑑シリーズの「くらべる図鑑」(小学館の図鑑NEO+ぷらす)がジグソーパズルになりました。
お子さんの組みやすい、ラージピース。
150ラージピース(完成サイズ300ピース大)と大画面300ラージピース(完成サイズ1000ピース大)です。
知的好奇心を満たす、逸品です。
入園、入学まで、お子さんと組みながらゆったりと過ごすのはいかがでしょう。
いっしょに組めば、会話が弾みそうですね。


■300ラージピース

■150ラージピース


■300ラージピース

■150ラージピース


■300ラージピース

■150ラージピース

そもそも、ジグソーパズルは地図を切って、元の形に戻すという教育パズルが始まりという説があります。
(詳細は「ジグソーパズルの歴史」へ。)
大人の方も楽しめるその他勉強や知識に役立つ教育的なパズルのジグソーパズルのご紹介もあります。


常に在庫状況は変わりますので、あらかじめご了承ください。

ジグソーパズル×ランド

くらべる図鑑[新版] (c)小学館/飛田敏

カテゴリー: ジグソーパズル

ピースの大きさくらべ1:ジグソーパズルの選び方

最近は、300ピース、1000ピースなどのピース数だけではなく、
スモールピース、ラージピース、ビッグピースなど、ピースの「大きさ」にも種類がたくさんあります。

今回は、通常ピースの大きさより、大きなピースの違いを紹介します。
下記、画像にまとめてピースの大きさを比べてみました。
(ピースの形状によって大きさは多少異なります)
ラージピース大きさ比べ
はじめての方や、シニアにお勧めのラージピース。
最近目のピントが合わないからパズル無理かなあといった方も、
大きめピースなら、無理せず挑戦できるかもしれません。

ジグソーパズル制作時にはα波、β波どちらの脳波も活発に活動していることがわかりました。
(株式会社ビバリー調べ)
無理せず、続けていきたいですね!

スモールピースの大きさくらべはこちら

上記ラージピースのご案内
40ピースのジグソーパズル(通常の300ピースの大きさ)

88ピースのジグソーパズル(通常の108ピースの大きさ)

ラージ108ピースのジグソーパズル(通常の300ピースの大きさ)

ラージ150ピースのジグソーパズル(通常の300ピースの大きさ)

大画面300ピース のジグソーパズル(通常の1000ピースの大きさ)

ラージ300ピースのジグソーパズル(通常の500ピースの大きさ)

ラージ704ピースのジグソーパズル(通常の1000ピースの大きさ)


常に在庫状況は変わりますので、あらかじめご了承ください。

ジグソーパズル×ランド