カテゴリー: ジグソーパズル, パズルの出てくる, 話題, 商品紹介

怖い絵のジグソーパズル

中野京子さんの「怖い絵」という書籍をご存知ですか?
話題になってついには「怖い絵」の美術展も開催されています。
兵庫では大反響、この秋ようやく上野でお目見えです。
http://www.kowaie.com/

やはり怖い絵のジグソーパズルはなかなか難しいかしら、と思っていました。
しかし1枚、ようやく?登場です。
1冊目の「怖い絵」に収録、
ドガの「エトワール」です。(今回の絵画展には来ていないようです)

300ピース エトワール(ドガ)

なんで怖いのか?気になりますよね?
ヒントは後ろの男性と、当時の時代背景です。
今と違って踊り子の地位は低かったという。
興味が出た方は、ぜひ「怖い絵」を読んで、ジグソーパズルを組んでみてくださいね。

※中野京子さんの「怖い絵」に挙げられていますが、昔読んだあしべゆうほさんの「悪魔の花嫁」の
中にもやはりドガの「エトワール(踊り子)」が題材のもの(”暗い金曜日”)があり、この絵はまさに「怖い絵」の1枚です。


常に在庫状況は変わりますので、あらかじめご了承ください。

ジグソーパズル×ランド

広告
カテゴリー: ジグソーパズル, 商品紹介

人気の風景写真ジグソーパズル

ジグソーパズルは、風景写真のジャンルも人気のひとつです。
各メーカー同じ場所のジグソーパズルが一気に発売して、いわゆる食いあう状態になり、結果的にその場所のパズルが無くなってしまう…というのも、業界あるあるです。もちろん生き残る柄もありますが、売り切り生産中止となる柄も多く寂しい気持ちです。

なぜ一気に発売するのか、理由は色々あるかと思いますが、やはり人気渡航先などその時代の流行があると思います。

すごく昔には「ノイシュバンシュタイン城」、「ニューヨーク」。
昔には「マチュピチュ」、「サクラダファミリア」。
ちょっと前には「モンサンミシェル」…。

そして、今は?
アマルフィ」もいけてますが、個人的な印象ですが「ウユニ塩湖」でしょうか。

あの、イラストアートでも有名、Twitterなどで写真も公開されているKAGAYAさんのウユニ塩湖も参戦!
夜のウユニ塩湖は新しい!

KAGAYAの1000ピース ウユニ塩湖



3000ピース、スーパースモール2000ピース、1500ピース ウユニ塩湖


500ピース 天空の鏡ウユニ塩湖


1000ピース、300ピース ウユニ塩湖


常に在庫状況は変わりますので、あらかじめご了承ください。

ジグソーパズル×ランド

カテゴリー: ジグソーパズル, ピース

展示用ジグソーパズル

ジグソーパズルの販売店でよくある質問に・・・

「展示してあるジグソーパズルは誰が組んだの?」
「何枚も飾ってあって大変だったでしょう!」

というものがあります。

おそらく、販売メーカーの社員が販促のために組んだり、パズル好きの店員がヒマをみて組んでいる、と思っている方も多いのではないでしょうか?

でも、実は展示見本は誰も組んでいないんです!

どういうことかと言いますと、製造段階であらかじめ別に作るものなのです。

通常のジグソーパズルは、タテ刃、ヨコ刃の2度のカットで制作します。(タテ、ヨコ両刃ともセットされた1度抜きの型もあります。)

nukigataタテ刃

nukigataヨコ刃

nukigata完成図

この抜き型がプレス機にセットされ、真上から荷重をかけて押し切ります。

nukigata

nukigata

この工程で完全に刃が通らないように力を加減し、パズル本体の紙の厚さの半分程度で止めることができます。

つまり、表面に刃型がつくだけで完全にはカットしない状態で止めるわけです。

nukigata

nukigata

この状態のものを【ハーフカット】や【ハーフパンチ】と呼びます。表面から見ればジグソーパズルが完全に組まれたように見えますので、これを【完成見本】として展示しているわけです。

ちなみに、完全に抜いた状態でバラす前(組み上がった状態)でも保管されます。これを【全抜き】や【フルパンチ】と呼び、紛失ピースの対応などに使用されます。

メーカーで製造時期ごとに保管され、左から何番目、上から何番目とピースの請求があった時にそこから抜いて対応しています。

ジグソーパズル×ランド

カテゴリー: インテリア, ジグソーパズル, 商品紹介, 提案

お店や病院に飾るジグソーパズル

職業柄、病院やお店にジグソーパズルが飾ってあると、つい注目してしまいます。
今までの経験でいうと、小児科などの待合室には「ディズニーのジグソーパズル」。
しかもミッキーマウスの仲間が楽しそうにしているものが多いような気がします。
やっぱり緊張をほぐすには、ミッキーの笑顔ですね。

大きな病院では、壁面を一気に埋めたいのか、大きなサイズの泰西名画がありました。
色合いが渋いので、結構馴染んでいました。

老人向けの施設になりますと、またディズニーが強かったりします。
はっきりとした色使いで組みやすいので、患者さんや利用者さんがリハビリに組まれているのかも知れないですね。

ジグソーパズル×ランドでは、お店に飾ったらいいんじゃないかと思うセレクトページをご用意しています。
中には、オリンピックに向けての屋内禁煙に役立ちそうな禁煙ポスター地下鉄地図などもあるので、実用的にもどうぞ!


ドラえもんだけど、カフェっぽい!

レストランや、喫茶店など飲食系のお店には、食べ物でセレクトしたジグソーパズルもどうぞ!

1000ピース ヴィンテージアート コーヒー


300ピース マザーズ アップルパイ


00ピース おやさい大好き


常に在庫状況は変わりますので、あらかじめご了承ください。

ジグソーパズル×ランド

カテゴリー: ジグソーパズル, 商品紹介

バベルの塔のジグソーパズル

東京都美術館で、現在「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル バベルの塔」展が開催されています。(この後、大阪へ巡回)※2017年5月現在。
バベルの塔展公式サイト

今回来るブリューゲルのバベルの塔は、8〜9階の外側まで出来ているような、高い塔のものですが、現在ジグソーパズルで売られている「ブリューゲルのバベルの塔」は、7階の内側くらいまでのものです。


バベルの塔(ウィーン美術史美術館版)のジグソーパズル

ブリューデルはバベルの塔を3枚描いているんですね。現存しているのが、今回来日している二作目(1568年頃/ボイマンス美術館)と、ジグソーパズルになっている一作目(1563年頃/ウィーン美術史美術館)です。

ボイマンス美術館版は、過去にはセントラルホビー社から3000ピースで出ていましたが、現在はありません。

画家は、気に入ったモチーフを何度も描くことがあるので、(ゴッホの「ひまわり」など)見比べてみるのも面白いですね。
見比べるためには、ボイマンス美術館版もまた日本で商品になるといいですね!


常に在庫状況は変わりますので、あらかじめご了承ください。

ジグソーパズル×ランド

カテゴリー: ジグソーパズル, 商品紹介

フクロウのジグソーパズル


1000ピース 幸運の金ふくろう

ジグソーパズルは、フクロウラッシュです。
もともとフクロウは開運の絵柄で人気があります。

何故「縁起がいい」のか、少し調べてみました。

ふくろうは、当て字にすると、
福籠(福がこもる)
福朗
不苦労
などと、どれも縁起のいい当て字です。


1000ピース 明日はきっと晴れるから(御木幽石)

88ピースもあります。

また、その習性から
「首が回る」

お金に困らない(お金に困る=首が回らない)

加えて「顔全体で音を感じ、ずれた位置にある耳は立体的に音の方向を捉える。

知恵者「森の物知り博士」。

通常2〜3個の卵を産みますが、ヒナ同士はとても仲が良く、上のヒナは下のヒナにエサを譲る傾向があるそうで、「家族愛」「兄弟愛」の象徴としても愛されているそうです。


300ピース 幸せふくろう(原井加代美)

なるほど、絵柄で兄弟や親子の柄が多いのには理由があったんですね。

最近ではよりアートなフクロウから、目のくりくりした可愛いフクロウまで色々なフクロウのジグソーパズルが出ています。


ウィルファーのジグソーパズル


1000ピース ふくろうとブナの森(エイミー・スチュアート)

さて、お好みのフクロウはありましたか?


常に在庫状況は変わりますので、あらかじめご了承ください。

ジグソーパズル×ランド

カテゴリー: ジグソーパズル, 商品紹介, 提案

介護施設とジグソーパズル

介護施設からのジグソーパズルのご注文は年々増えています。
指でつまんで、ピースの絵をよく観察し、箱の見本の絵と見比べて、ピースを合わせていく。
達成感が嬉しいと想像します。また、リハビリにも使われているようです。

指先を動かし想像力を働かせるので、脳にも刺激がたくさんありそうですよね。

では、どんなものがお年寄りの方には組みやすいのでしょう。

「見やすさ」「つまみやすさ」でいうと、やっぱり通常のピースより大きい
「ラージピース」「ビッグピース」がいいと思います。

初心者向けとも重なるので、お子様向けの絵柄も多いのですが、
大画面300ピース
は、風景などもあり、人気です。
これより少し小さめのピースですが、
ラージ150ピース
のペットやお地蔵さん、キャラクターの柄も、ピース数が少ないので頑張れると思います。
(ただし、ラージ150ピースにはマニアックな柄もあり、そちらは難易度がものすごく高く注意です!)

慣れた方は、通常ピースに移行すれば、絵柄選択の幅は広がるでしょう。

また、ディズニーキャラクターなどの、輪郭のしっかりしたはっきりとした色の区別のあるものも、想像がつきやすく組やすいです。
明るい絵柄が多いので、気分を明るくするのにも最適です。

風景写真は、意外と難易度が高い場合もあります。組みやすいのは「水平線」があるもの、目立つランドマークのあるもの、が比較的組みやすいです。
逆に難しいのは「木」です。枝が縦横無尽に張り巡らされたものは、少ないピース数でも組むのは大変です。

選ぶ際のアドバイスになれば幸いです。


常に在庫状況は変わりますので、あらかじめご了承ください。

ジグソーパズル×ランド

カテゴリー: ジグソーパズル, 商品紹介

学習できる教育的ジグソーパズル

子どもの頃、または親としてお子さんへ、祖父母としてお孫さんへのプレゼント、と親しまれた大人気の図鑑シリーズの「くらべる図鑑」(小学館の図鑑NEO+ぷらす)がジグソーパズルになりました。
お子さんの組みやすい、ラージピース。
150ラージピース(完成サイズ300ピース大)と大画面300ラージピース(完成サイズ1000ピース大)です。
知的好奇心を満たす、逸品です。
入園、入学まで、お子さんと組みながらゆったりと過ごすのはいかがでしょう。
いっしょに組めば、会話が弾みそうですね。


■300ラージピース

■150ラージピース


■300ラージピース

■150ラージピース


■300ラージピース

■150ラージピース

そもそも、ジグソーパズルは地図を切って、元の形に戻すという教育パズルが始まりという説があります。
(詳細は「ジグソーパズルの歴史」へ。)
大人の方も楽しめるその他勉強や知識に役立つ教育的なパズルのジグソーパズルのご紹介もあります。


常に在庫状況は変わりますので、あらかじめご了承ください。

ジグソーパズル×ランド

くらべる図鑑[新版] (c)小学館/飛田敏

カテゴリー: ジグソーパズル, 商品紹介

トランプ柄のジグソーパズル。

時節柄、かわいいトランプ柄のジグソーパズル(TRUMP JIGSAW PUZZLE)を集めてみました。


◆スモール1000ピース ジグソーパズル
ディズニーオールスタートランプワールド

◆透明ピース 1000ピース ジグソーパズル
ディズニーオールスタートランプワールド(透明ピース)
 



◆500ピース ジグソーパズル
ワンピース トランプアート



◆300ピース ジグソーパズル
スヌーピー・トランプ


常に在庫状況は変わりますので、あらかじめご了承ください。

ジグソーパズル×ランド

カテゴリー: インテリア, ジグソーパズル, 商品紹介

鳥の年。

あけましておめでとうございます。

秋頃から干支のジグソーパズルは販売となりますが
最も需要のある年末には売り切れ、生産中止というのが最近の傾向です。

昨年も例にもれず、たいへんご迷惑をおかけいたしました。

でも、今年は干支という括りではなく、鳥という括りでみると、すばらしい作品が出ています。
昨年、ブームを引き起こしたあの伊藤若冲の鶏の作品のジグソーパズルです。

再生産、販売継続などはメーカーさんのお心次第ですので、会ったときが買い時。
観るのに5時間かかった作品が、手元に飾れるジグソーパズルになったんです。
しかも今年は酉年!
干支パズルを逃した方、おすすめです。

ともに1000ピースです。
在庫はお問い合せください。

※画像クリックで詳細ページに移動します。


常に在庫状況は変わりますので、あらかじめご了承ください。

ジグソーパズル×ランド