JIGSAW PUZZLE × LAND BLOG

介護施設とジグソーパズル

広告

介護施設からのジグソーパズルのご注文は年々増えています。
指でつまんで、ピースの絵をよく観察し、箱の見本の絵と見比べて、ピースを合わせていく。
達成感が嬉しいと想像します。また、リハビリにも使われているようです。

指先を動かし想像力を働かせるので、脳にも刺激がたくさんありそうですよね。

では、どんなものがお年寄りの方には組みやすいのでしょう。

「見やすさ」「つまみやすさ」でいうと、やっぱり通常のピースより大きい
「ラージピース」「ビッグピース」がいいと思います。

初心者向けとも重なるので、お子様向けの絵柄も多いのですが、
大画面300ピース
は、風景などもあり、人気です。
これより少し小さめのピースですが、
ラージ150ピース
のペットやお地蔵さん、キャラクターの柄も、ピース数が少ないので頑張れると思います。
(ただし、ラージ150ピースにはマニアックな柄もあり、そちらは難易度がものすごく高く注意です!)

慣れた方は、通常ピースに移行すれば、絵柄選択の幅は広がるでしょう。

また、ディズニーキャラクターなどの、輪郭のしっかりしたはっきりとした色の区別のあるものも、想像がつきやすく組やすいです。
明るい絵柄が多いので、気分を明るくするのにも最適です。

風景写真は、意外と難易度が高い場合もあります。組みやすいのは「水平線」があるもの、目立つランドマークのあるもの、が比較的組みやすいです。
逆に難しいのは「木」です。枝が縦横無尽に張り巡らされたものは、少ないピース数でも組むのは大変です。

選ぶ際のアドバイスになれば幸いです。


常に在庫状況は変わりますので、あらかじめご了承ください。

ジグソーパズル×ランド

広告